香川健介のブログ

財政・社会保障関係の話や、書評や感想などを書いています

書評や書籍関係の話

【書評】『勝つ投資 負けない投資』は叩かれてるけど、内容はまっとうですばらしい本だと思う

更新日:

片山晃氏と小松原周氏による投資の本です。
Amazonレビューではやたら叩かれていますが、内容は大変まっとうな良書です。
株式投資におけるきわめて王道的な考え方や手法が、網羅的に丁寧に紹介されています。

一点だけ指摘することがあるとしたら、本書で提唱されている中小型株のグロース銘柄投資は、あくまで信用収縮が起きていない時にあてはまるということぐらいでしょうか。
本書の内容はきわめてまっとうなものとはいえ、たとえばリーマンショックのような強烈な信用収縮が起きているときには、どんな株でも叩き売られることになります。
そのようなときは、本書で書かれている手法や考え方も使えないので、ショートするか現金化ししばらく投資をお休みするほうがいいでしょう。

とはいえ、本書はとても良い本です。
これから株を始めようという人は、この本と、DUKE。さんの『新高値ブレイク投資術』

をまず読むことをおすすめします。

なお、Amazonにある多数の低評価レビューは、おそらく少数の人がIDを変えて粘着質に書いているのだと思います。
この本が本当に質の低い本だったら、中古マーケットでも叩き売りされ、Amazonの中古品価格ももっと値崩れしているはずです。
発売から2年経ってもさほど値崩れしていないのは、この本に価値を感じ、買う人がいるからだと思います。

-書評や書籍関係の話

Copyright© 香川健介のブログ , 2017 AllRights Reserved.