香川健介のブログ

財政・社会保障関係の話や、書評や感想などを書いています

書評や書籍関係の話

【書評】『老後のお金 備えの正解』は老後対策本の決定版だと思う

更新日:

内容紹介
年金、定年前後のお金の流れ、家計、運用、相続について、間違いだらけの「思い込み」を正し、老後の備えの「正解」を伝える一冊。
元マネー誌編集長による、老後を安心して暮らすためのお金の知恵が満載。

老後資金を守る系の本はたくさん読みましたが、この本が一番良いと思います。
内容が充実していること、わかりやすいこと、客観的で冷静であり変に煽ったりもしないことなど、総合的に見てもっともおすすめできる本だなぁと感じました。

Amazonのレビューで

よくぞここまで完結にわかりやすく書いてくださった。
すべてに於て客観的に記している。
投資をされた方ならこの内容が正しいと納得できるはず。
決定版と言っても過言ではない。

と書いている方がいますが、私もこの人の意見に賛成です。

それにしても、あらためて、日本人の老後不安はものすごいなぁと感じました。
そりゃ、貯蓄ゼロの世帯がなんと全世代でほぼ3割以上あればそうなりますね。
加えて、高齢化が進んで老後にお金もらえるかどうかあやふやなので、心配になって財布のヒモをしめるのもまぁ当然なのかなと思います。

デフレ傾向はなくなったものの、ゆるやかなインフレで景気回復という政府の政策がなかなかうまくいかない最大の理由は、ここにあると思ってます。
本当に困ったことですが、仕方ないのかもしれませんね。

-書評や書籍関係の話

Copyright© 香川健介のブログ , 2017 AllRights Reserved.